Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「宇宙ビッグデータ米」栽培に着手 年内に販売 天地人×神明×笑農和2021年4月7日

一覧へ

JAXA認定の宇宙ベンチャー(株)天地人は4月6日、米卸の国内大手(株)神明と農業ITベンチャー(株)笑農和と協業し、 IT技術を活用した「宇宙ビッグデータ米」の栽培に着手することを発表した。

「宇宙ビッグデータ米」栽培に着手 年内に販売 天地人×神明×笑農和

JAXA職員と農業IoT分野に知見のある開発者が設立した天地人は、地球観測衛星のデータを活用した自社開発の土地評価エンジン「天地人コンパス」を使い、衛星データからビニールハウス内の作物に対する日射量の推定やキウイフルーツなど作物の新規ほ場の検討など、農業に関わるプロジェクトを手がけている。一方、笑農和は、稲作の工程で最も時間と労力を要する「水管理」に着目し、「スマホで簡単に水管理」ができるスマート水田サービス「paditch(パディッチ)」を販売。神明は米穀事業に加え、無菌包装米飯・炊飯米等の加工食品の製造販売、水産品や青果流通への参入、外食事業の展開など、食に関わるビジネスを展開している。

日本の農業は、生産者の高齢化、減少により今後の供給力が懸念される中、3社は農業に関わる企業として「米が足りなくなる」ことを危惧。将来的なコメの生産増につながる農業施策として宇宙の技術を活用した農業を確立するプロジェクトを立ち上げた。

3社の強みを活かした米栽培の取り組み「宇宙ビッグデータ米」は、天地人の土地評価エンジン「天地人コンパス」を活用し、収穫量が増えるほ場や、より美味しく育つ可能性のあるほ場を見つけ、スマホで水管理を自動化できる「パディッチ」で適正な水温・水量を維持しながらおいしい米をより多く栽培する。5月に田植えを行い、9月に収穫。年内には神明の店舗「米処 穂」で「宇宙ビッグデータ米」を販売予定。

最新の記事

ナガセサンバイオSP 2021

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る