おきなわ50年バナーPC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドPS:バスタ液剤210125
JA全中中央①PC
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

米の相対取引価格 15か月ぶり上昇 21年産4月 農水省公表2022年5月18日

一覧へ

農林水産省は5月17日、2022(令和3)年産米4月の相対取引価格と数量を公表した。

米の相対取引価格 15か月ぶり上昇 21年産4月 農水省公表

全銘柄の平均価格は60kg当たり1万2797円で前月価格を20円上回った。農水省が公表している米の相対取引価格で前月より上昇したのは2021年産米の21年1月以来、15か月ぶりとなる。

2021(令和2)年産米は出回りの9月が1万5143円、その後12月には1万4896円に下がったが、翌月には1万4903円とわずかだが上昇した。しかし、その後、下落を続け今年3月は1万2777円まで下がった。

ただ、出回りからの年産平均価格は1万2879円で前年産▲1650円となっている。

主食用米の需給改善のため、長期計画的に販売するための保管料を支援するなどの「米穀周年供給事業」を農水省は実施している。

令和2年産では37万tの申請があり、このうちコロナ禍の影響を緩和する「特別枠」を昨年11月に設けた。市場隔離する対策で12万tで実施されている。

また、令和3年産でも長期保管支援の申請は40万tとなっている。

こうしたことから米穀機構が実施している米関係者の米価見通しの判断指数は、向こう3か月見通しで前月より3ポイント増えて「47」、米価水準が高くなるという見方が強まっていた。

取引数量は15万7828t。前月比で50%、対前年比では96%となった。

米の需給環境は改善の兆しが出てきており、全農によると系統の相対取引価格は1月末で底を打ったという。需給を改善するには令和4年産米についても適切な生産量をなる取り組みが求められる。

最新の記事

ナガセサンバイオSP 2022

みどり戦略

おきなわ50年バナーSP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る