2022夏季特集:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:サンケイコテツベイト
FMCセンターPC:ベネビア®OD
FMCプレバソンSP

米価水準 「高くなる」見通し判断増える 7月調査結果2022年8月8日

一覧へ

米穀機構は8月4日、米取引関係者の需給などの見通し判断に関する調査結果(7月分)を発表した。

米価水準 「高くなる」見通し判断増える 7月調査結果

主食用米の需給動向についての現状判断DIは「37」で前月と変わらなかった。

見通し判断DIは「40」で前月からマイナス2ポイントとなった。

一方、主食用米の米価水準についての現状判断DIは「24」で前月からプラス2となった。また、向こう3月間の見通し判断DIは「56」で前月からプラス3となった。

米価の見通し判断DIは5月に「50」を超えて米価水準が高くなるという見方が前月より強まったが、3か月連続でその見方が強まっている。

7月の調査で関係者が判断を行うにあたって考慮した要因は、米穀の調達状況36%、国内の在庫水準32%、消費者の動向11%、国の政策9%などとなっている。

国の政策を考慮したという割合は4月では2%だが、6月、7月は9%へと上昇した。主食用からの作付け転換を国が推進していることや、6月末時点で必要とされる作付け転換面積3.9万haを超えて4.3万haとなったことなどが公表されたことが反映したとみられる。

最新の記事

シンジェンタポータルフェーズ:右上長方形SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る