2022夏季特集:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ゴーゴーサン
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
FMCセンターSP:ベネビア®OD

「コメ流通経費の高騰に理解を」 全米販が量販店など12団体に厳しい状況訴え2022年8月30日

一覧へ

全米販(全国米穀販売事業共済協同組合)の木村良理事長は8月29日、記者会見を開き、運賃や電力費などコメの流経費が高騰しているとして、量販店など12の業界団体に米穀販売事業者の厳しい状況に理解を求める要望を行ったことを明らかにした。木村理事長は「具体的な価格に触れることはできないが、国民に安心安全にコメをお届けするためのコストを見ていただき、この状況にご理解をいただきたい」と強調した。

全国米穀販売事業組合 木村組合長.jpg

コメ流通経費の高騰について説明する全米販の木村良理事長


全米販は今年6月にも量販店などの業界団体に流通経費高騰への理解を求める要望を行っているが、米卸業者が実需者との新米の価格交渉に入るタイミングに合わせて再度、流通経費の高騰の状況を調べたうえで要望を行った。

同団体によると、輸入農産物の原材料価格の高騰などで様々な食品価格が高騰する中、コメはほとんど唯一、店頭価格が下落している食品となっていると指摘。一方で、流通経費について調査したところ、運賃や電力費などが軒並み高騰していると強調した。

同団体の調査によると、産地から精米工場や量販店にコメを輸送する運賃については、すでに前年比4~20%値上がりしており、さらに年内に5~20%の上乗せ要請を打診されているという。精米工場の運用に必要な電力費については、前年比11~51%値上がりし、年内に値上げ幅が10%~80%に拡大すると見込んでいる。さらに包装容器代や人件費も右肩上がりで上昇しており、12団体に対して業界の窮状に理解してほしいと訴えている。

木村理事長は会見の中で、「流通経費の高騰の影響を受けても、なかなか売価に反映できず、むしろ値下げを求められるケースもある。流通諸経費の高騰への理解はぜひとも必要であり、うまくいかないと卸でもそろそろやめようかという人が出ないとも限らない。大変な苦境に立たされていることにご理解をいただきたい」と訴えた。

最新の記事

シンジェンタポータルフェーズ:右上長方形SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る