秋特集:国生国産PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCヘッドSP:エクシレルりんご
JA全中中央①PC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

22年産米検査結果 1等比率79.4% 10月31日現在 農水省公表2022年12月1日

一覧へ

農林水産省は11月30日、10月31日現在の22年産米検査結果を公表した。

1等比率は79.4%だった。同時期の1等比率は21年83.6%、20年産80.8%、19年産72.9%、18年産82.2%だった。

検査数量は水稲うるち玄米で329.9万tで9月30日現在と比べ172万t増加した。この検査数量は21年産の検査数量445.4万tの74.1%に相当する。
2等以下に格付けされたおもな理由は「形質」53.6%、「着色粒」19.1%、「整粒不足」21.1%となっている。

検査数量のうち200tは今年産から実施された機械鑑定が行われており、測定結果(加重平均)は「容積重」839g/l、「白未熟粒」2%、「水分」14.3%、「死米」、「砕粒」、「着色粒」はいずれも0%。「異種穀粒」と「異物」については、いずれも基準値以下が100%だった。異種穀粒の基準値は0.4%、異物は0.2%となっている。

最新の記事

右上長方形:NTTアドSP

みどり戦略

クミアイ化学右カラムSP

注目のテーマ

注目のテーマ

住友化学右正方形SP:2023

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る