生産緑地特集
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
センターSP:Z-GIS
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
ベリマークSC:FMC(SP)センター

米:29年産米の作柄見込みと30年産米の課題

【緊急調査・29年産米の作柄見込みと30年産米の課題】主要219JAのコメ担当者の声 【北海道】2017年9月21日

一覧へ

 9月初旬、コメ産地の主要JAに29年産米の作柄見込みと、30年産以降の水田農業の取り組みや政策課題などについて現場の意見も聞いた。
JAコメ担当者の声を地域別にまとめて掲載する。
北海道では大規模専業農家が多く経営安定対策を求める声が上がっている。

【北海道】
▽全国的に生産調整を守ってほしい。まだ守っていない県があるので心配。

▽農協にお米を預けて下さる方が多いので独自販売でがんばっていこうと思う。

▽生産調整をきちんとやっている。30年問題ではなく40年を見据えて耕作放棄にならないよう生産者には水張りをきちんとやるように指導している。▽7500円の補助金の廃止は痛い。北海道は専業農家が多いのでそれに代わるものを。

▽具体的な政策が出ていないので今は何ともいえない。早く提案してほしい。

▽加工米等で対応しているので心配していない。生産者にも生産調整を守ってもらうようにしているが、しかし新潟・千葉等で守ってくれるかどうか心配だ。

▽主食米については需給バランスがとれているのではないか。これ以上、生産調整しろとはなかなか言えない。

▽北海道として一本化して考えているが、奨励金がないなかで生産調整をどう守るかが問題。

▽作付面積が大きく変わることがないよう願っている。水張り面積は確保する。

▽取引先と連携して生産者手取りを確保していきたい。

(関連記事)

【緊急調査・29年産米の作柄見込みと30年産米の課題】主要219JAのコメ担当者の声【東北】(17.09.21)

【緊急調査・29年産米の作柄見込みと30年産米の課題】主要219JAのコメ担当者の声【北陸】(17.09.21)

【緊急調査・29年産米の作柄見込みと30年産米の課題】主要219JAのコメ担当者の声【関東・東山】(17.09.22)

【緊急調査・29年産米の作柄見込みと30年産米の課題】主要219JAのコメ担当者の声【東海】(17.09.22)

【緊急調査・29年産米の作柄見込みと30年産米の課題】主要219JAのコメ担当者の声【近畿】(17.09.22)

最新の記事

シンジェンタライブラリー211112:SP

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る