生産緑地特集
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMC(SP)トップバナー
ベリマークSC:FMC(PC)センター
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

米:29年産米の作柄見込みと30年産米の課題

【緊急調査・29年産米の作柄見込みと30年産米の課題】主要219JAのコメ担当者の声【東海】2017年9月22日

一覧へ

 飼料用米の取り組みで米価が全体として上向いてきたが、飼料用米への助成制度が「今後、どうなるのか?」として、政策の継続性を求める意見はやはり根強い。

【東海】
▽今後の見通しが見えない。生産者から明確にしてくれと言われている。

▽転作への手厚い補助の継続は必要だ。

▽生産調整の仕組みが定着するような仕組みづくり。過剰になれば価格が下がるのは分かるが、生産者にとっては所得安定対策は必要。

▽米価は飼料用米の効果が出ているが、この制度がどうなるかで価格が下がるのではないかと心配している。

▽JAでは独自販売(=地元系統外)を強化していく。

▽買取での対応を進める。業務用品種(みえのゆめ、キヌヒカリ)を動かす。

▽11月に小麦の播種が始まるので10月に市に生産数量指標を示すよう要請している。市が示す生産調整が必要。

▽担い手に対して少しずつ主食用から業務用へのシフトを促す。

(関連記事)

【緊急調査・29年産米の作柄見込みと30年産米の課題】主要219JAのコメ担当者の声 【北海道】(17.09.21)

【緊急調査・29年産米の作柄見込みと30年産米の課題】主要219JAのコメ担当者の声【東北】(17.09.21)

【緊急調査・29年産米の作柄見込みと30年産米の課題】主要219JAのコメ担当者の声【北陸】(17.09.21)

【緊急調査・29年産米の作柄見込みと30年産米の課題】主要219JAのコメ担当者の声【関東・東山】(17.09.22)

【緊急調査・29年産米の作柄見込みと30年産米の課題】主要219JAのコメ担当者の声【近畿】(17.09.22)

最新の記事

シンジェンタライブラリー211112:SP

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る