FMCトップSP:育苗箱混合剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

米:農業倉庫火災・盗難防止強化月間2021

【農業倉庫火災・盗難防止強化月間2021】施設点検や台帳確認を 公益財団法人農業倉庫基金 長瀬仁人理事長2021年11月30日

一覧へ

公益財団法人農業倉庫基金理事長 長瀬仁人氏公益財団法人農業倉庫基金理事長 長瀬仁人氏

平素、当基金の事業にご支援、ご協力をたまわり、厚くお礼申し上げます。

当基金では、令和3(2021)年11月15日から令和4年1月31日までを、「農業倉庫火災・盗難防止強化月間」に設定し、JA全農と連携して、施設の防災防犯の徹底を図る運動を展開しているところです。

当基金の損害補償対象となった火災事故は、前年度では農業倉庫で1件、カントリーエレベーターで1件、ライスセンターで3件、合計5件発生し、今年度も現時点でライスセンターで2件発生しています。また大事にいたらなかったものの、農業倉庫の空くん蒸に使用したリン化アルミニウムくん蒸剤の残さが発火したなどの話も聞いています。

万が一の備え大切

定期的に農業倉庫周りの整理や清掃などを徹底して、放火防止の観点からも倉庫周辺に燃えやすいものを放置しないこと、倉庫の前室には灯油などの危険物を置かず、火災警報設備や消火設備は定期的に点検して万が一の時に使用できるようにしておくことが重要です。

カントリーエレベーターやライスセンターのように直接火を扱うことがない農業倉庫においても、破損した機械のベアリングの摩擦熱による発火や老朽化による漏電や改修工事の火花などにより火災になった事例もあるので、注意が必要です。

また、保管米麦の盗難事故防止のためには、防犯責任者を任命して防犯体制を明確にするとともに、不在時は各倉庫や敷地入口の施錠を必ず行い、防犯灯を設置して、適時見回り等を実施願います。保管台帳と現物在庫が一致していることを毎月確認することも重要です。

大切な米麦の保管管理に万全を期すためにも、この強化月間の期間中に、役職員の防災防犯体制を確認のうえ、火災と盗難防止に重点をおいた管内全施設の巡回点検の実施をお願い申し上げます。

なお、直接火を扱うカントリーエレベーター、ライスセンター施設の火災事故は、残念ながらほぼ毎年どこかで発生しています。そのほとんどが乾燥機や関連設備の点検整備と清掃が不十分だったことが原因になっているので、この期間にあわせてご確認をお願い申し上げます。

【農業倉庫火災・盗難防止強化月間2021】品質と安全モットーに 【現地ルポ:愛知県JA西三河・池田低温倉庫】

最新の記事

シンジェンタミネクトブラスター:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る