人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCベリマークSC:(SP)ヘッダー
FMCセンターPC:ベネビア®OD
JA全中中央SP

米:【農協協会・JAのコメ実態調査】

【農協協会・JAのコメ実態調査】水田での麦・大豆 作付け増の傾向2022年8月29日

一覧へ

(一社)農協協会が全国各地のJAの協力で実施している「JAの安心・安全な米づくりと防除対策について」の2022年度調査結果がこのほどまとまった。今回は麦・大豆の作付け動向をみる。

大豆作付面積(ha)

【大豆】
今回の調査では、2021年産の大豆の作付け面積は全国平均で311ha。平均単収は144kgとなった。22年は321ha、5年後の26年は331haと6.4%増の見込みとなった。

北海道は21年産は404ha、単収が220kgとなった。22年産では442ha、26年では457haまで拡大する見込みで5年後に13.1%増と大きく増える見込みとなった。

東日本では21年産は274ha、単収は152kgだった。22年産は285haとなり、26年産では298haに拡大する見込みで5年後に8.8%増の見込みとなった。

西日本では21年産は278ha、単収は125kgだった。22年産は280haとなり、26年産では286haに拡大する見込みで、5年後に2.9%増の見込みとなった。

九州では21年産は434ha、単収は108kgだった。22年産は435haとなり、26年産では447haに拡大する見込みで、5年後に3.0%増の見込みとなった。

いずれの地域でも増産に取り組む意向が示された。

【小麦】
21年産の小麦の作付け面積は全国平均で407ha、単収は330kgとなった。22年産は419haとなり、26年産では425haに拡大する見込みで、5年後に4.4%増の見込みとなった。
北海道は21年産は890ha、単収は394kgとなった。22年産は956haとなり、26年産では986haに拡大する見込みで、5年後に10.7%増と大きく増える見込みとなった。

東日本は21年産は221haで単収は282kgだった。22年産は227haとなり、26年産では232haに拡大する見込みで、5年後に5.0%増の見込みとなった。
西日本は21年産は384haで単収は292kgだった。22年産は382haとなり、26年産では390haと1.5%増と微増の見込みとなった。

九州は21年産は511haだった。22年産は518haとなり、26年産では523haへと拡大する。5年後に2.3%増となった。

地域で割合は違うものの、小麦も増産に取り組む意向が示されている。

重要な記事

240401・シンジェンタ粒粒マイスター:右上長方形SP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る