Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

ミドリムシの飼料活用で共同研究 JA全農と(株)ユーグレナ2016年4月28日

一覧へ

 JA全農飼料畜産中央研究所と(株)ユーグレナは、微細藻類ユーグレナ(和名・ミドリムシ)の飼料活用に向けた共同研究契約を締結したと4月27日に発表した。

 ユーグレナ社は、ミドリムシ(微細藻類ユーグレナ)の油脂を利用したバイオジェット・ディーゼルエンジン燃料の製造について研究をし2020年の実用化を目指しているが、ジェット燃料を抽出した残さである脱脂ユーグレナには、動物の生育に必要なたんぱく質が豊富に含まれており飼料としての活用が期待されている。
 そこでJA全農とユーグレナ社は、これを鶏や豚など家畜に与える飼養試験を共同で行うことにし、今回の共同研究契約締結した。すでに昨年1月から今年3月の間に、準備実験として、脱脂ユーグレナの成分分析や採卵鶏を対象に脱脂ユーグレナ入り飼料を与える試験を実施、産卵成績に影響がないことを確認したうえでの今回の契約だ。
 この共同研究では、脱脂ユーグレナの飼料としての使用可能量や効果を検証し、実用化を目指していくことにしている。実施期間は、当面、今年4月から来年3月末の予定となっている。

今日のニュースへ戻る

最新の記事

シンジェンタミラビスフロアブル:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る