肉・卵・乳製品 ニュース詳細

2016.08.26 
鳥インフルエンザでシンポ 農研機構一覧へ

 農研機構は鳥インフルエンザウイルスの拡散と農場侵入における野生動物の関わりについて国内外の専門家によるシンポジウム「鳥インフルエンザと野生動物」を開催する。

 平成26年~27年にアジア大陸に由来する高病原性鳥インフルエンザが欧州や北米大陸に拡散、日本でも九州や中国地方の養鶏場が被害を受けた。こうしたことから、近隣の韓国や中国との連携強化が発生を予察するために一層重要となった。
 そこで27年第2回日中韓農業大臣会合で3カ国間で渡り鳥等における鳥インフルエンザの移動に関する共同研究、情報交換を強化することが合意された。
 今回のシンポジウムは、これを受けて農研機構の研究者と国内外の専門家が、鳥インフルエンザウイルスの拡散と渡り鳥の関係性について、ウイルスに感染した渡り鳥から農場周辺に生息するネズミなどを介したウイルスの農場への侵入経路について講演する。

【シンポジウムの概要】
◎日時:9月29日(木曜日)10時00分開演
◎場所:JA共済ビルカンファレンスホール(東京都千代田区平河町2-7-9 JA共済ビル1F )
◎講演
★養鶏場における鳥インフルエンザと野生動物
 座長:内田 裕子(農研機構 動物衛生研究部門)
(1)野鳥から分離された鳥インフルエンザウイルスの家禽に対する病原性(仮題):農研機構 動物衛生研究部門 西藤岳彦
(2)農場周辺の野生動物について(仮題):鳥取大学農学部共同獣医学科獣医衛生教育研究分野付属鳥由来人獣共通感染症研究センター 山口 剛士
★鳥インフルエンザウイルスの拡散と野生動物
 座長:西藤 岳彦(農研機構 動物衛生研究部門)
(1)国内において分離された鳥インフルエンザウイルスと渡り鳥の関係について:農研機構動物衛生研究部門 金平克史
(2)鹿児島県出水ツル渡来地における鳥インフルエンザの流行状況:鹿児島大学共同獣医学部付属越境性動物疾病制御研究センター 小澤真
(3)Role of wild birds in the spatial spread of avian influenza viruses in Korea:韓国獣医科学検疫院 Youn-Jeong Lee
(4)Involvement of wild life in the highly pathogenic avian influenza outbreaks in China:中国ハルビン獣医学研究所 Hualan Chen
※講演は英語で通訳なし

参加申し込み
◎9月20日(火曜日)までに「所属」、「氏名」を「NAROsymposium2016_AIV@ml.affrc.go.jp」 シンポジウム事務局宛にメールで連絡(参加無料)
参加者が多数の場合、受付を終了することがある。
*申込は個人毎に登録(代表者による複数人登録は不可)。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ