左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

高病原性鳥インフル 清浄国に2017年6月29日

一覧へ

 農林水産省は6月28日、わが国が高病原性鳥インフルエンザの清浄国となったことを発表した。

 わが国では平成28年11月から29年3月にかけて青森県、新潟県、北海道、宮崎県、熊本県、岐阜県、佐賀県、宮城県、千葉県で計12件の高病原性鳥インフルエンザ(H5N6亜型)が発生したが、3月27日までにすべての発生農場で防疫措置が完了した。
 その後、3か月間、新たな発生が確認されなかったことから、OIE(国際獣疫事務局)の規定に基づき6月28日付けで清浄国となった。
 農林水産省は、高病原性鳥インフルエンザは韓国、中国などアジア諸国だけでなく全世界的に発生していることから、引き続き飼養衛生管理の徹底や、早期発見・通報のための監視の強化を呼びかけている。
 一方、清浄国となったことからわが国から生きた家きんや家きん肉等の輸入を停止している国・地域に対して輸入再開に向けた協議を加速する方針だ。

最新の記事

シンジェンタSP

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
ヤンマーPC右上
DiSC右正方形1PC
新世紀JA研究会 課題別セミナー右正方形2PC
JA共済連右横長1PC
JAバンク右横長1PC
JA人づくり研究会右横長1PC
ニューロング右横長1PC
新世紀JA研究会右横長1PC
農協研究会右横長1PC

注目の情報

最近よく読まれている記事

topへ戻る