肉・卵・乳製品 ニュース詳細

2018.10.25 
新たに1農場をHACCP認証農場に一覧へ

 農場HACCPの認証機関のひとつ、エス・エム・シー(株)は10月23日、北海道の農事組合法人十勝ホッグファーム(豚)を認証した。

 農林水産省では畜産現場での衛生管理の向上と消費者への安全な畜産物の供給を確保するため、農場HACCPの取り組みを推進している。
 今回の認定で、認証取得農場数は222農場となり、農場HACCPの認証機関の内訳は公益社団法人中央畜産会が192農場とエス・エム・シー(株)が30農場となっている。
 JGAP家畜・畜産物の認証農場は現在36農場だが、いずれも農場HACCP認証を先に取得しており、農場HACCP認証基準との差分審査により、JGAP家畜・畜産物の認証を取得している。

 

(関連記事)
新たに6農場をHACCP認証農場に(18.01.15)
GAPやHACCP対応に注力 穀検の30年度事業計画(18.03.08)
島根県で初の農場HACCP(18.07.03)
福島県の農場が初めてのHACCP認証へ(18.04.25)
新たに3つの農場をHACCP認証 中央畜産会(18.05.02)
新たに6農場をHACCP認証農場に 中央畜産会(18.08.22)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ