左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

福島県の農場が初めてのHACCP認証へ2018年4月25日

一覧へ

・養豚の木野内ファーム

 農場HACCPの認証機関のひとつ、エス・エム・シー(株)は4月24日、福島県で養豚を営む(株)木野内ファームを認証した。福島県の農場では初めての認証となる。

 農林水産省では畜産現場での衛生管理の向上と消費者への安全な畜産物の供給を確保するため、危害要因分析や必須管理点(HACCP)の考え方を採り入れた飼養衛生管理(農場HACCP)の取り組みを推進している。
 今回の認定で、国内の農場HACCP認証農場は、乳用牛で19、肉用牛29、豚91、採卵鶏44、肉用鶏3で、合計186農場となった。内訳は、同社が25農場、もう一つの認証機関の中央畜産会が161農場を認証している(4月24日現在)。
 今回認証された木野内ファームは福島県南部に位置し、田園が広がるのどかな環境の中で、豚が順調に発育できるように常に健康状態を観察し、良い飼料、良い水、良い環境に気を配って飼育している。豚肉は臭みがなく、さっぱりした美味しさで定評がある。今回の認証を受けて同社では、
従業員全員が「安心安全な豚肉を生産している」との共有意識が芽生えたとともに、さらなる品質向上に向けた意識改革が進んでいるという。

 

(関連記事)
農場HACCP審査で20農場を新たに追加(18.04.02)
HACCPで初の京都の農場が選ばれる(18.03.12)
GAPやHACCP対応に注力 穀検の30年度事業計画(18.03.08)
輸入食品の安全性確保へ 意見書提出(18.02.22)
サンペックスイスト社が春夏ユニフォーム展示会(18.02.09)
新たに6農場をHACCP認証農場に(18.01.15)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る