肉・卵・乳製品 ニュース詳細

2019.04.11 
豚コレラ 19例目を愛知県で確認一覧へ

 農林水産省は4月10日、愛知県瀬戸市の農場で国内19例目となる豚コレラの擬似患畜を確認したと発表した。

 同農場では4562頭が飼養されていた。13例目、15例目の農場の移動制限区域内にあり、3月27日以降、飼養豚の移動は行われていなかった。
 9日に農場が異常の報告があり家畜保健衛生所での検査で10日、擬似患畜であることが確認された。
 また、9日には国内18例目が岐阜県恵那市で確認された。同農場では4086頭が飼養されていた。
 いずれも殺処分など防疫措置が実施されている。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ