想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

知る人ぞ知る「おおいた和牛」中村獅童の実食動画公開 大分県2020年10月22日

一覧へ

大分県は10月20日、隠れ家的名牛“おおいた和牛”の魅力を伝える「おおいた和牛 推しプロジェクト」を始めた。キャンペーンの第一弾としてSNS投稿キャンペーンを実施。同時に、PR隊長の歌舞伎俳優、中村獅童が登場するWEB動画「おおいた和牛を実食!」 篇と「おおいた和牛愛を語る!」篇を公開した。



美しい霜降りの「おおいた和牛」美しい霜降りの「おおいた和牛」

大分県の和牛は、100年を超える歴史があり、2017年には"和牛のオリンピック"全国和牛能力共進会で、内閣総理大臣賞を受賞した。大分の恵まれた自然の中で育つ黒毛和牛の中でも肉質4等級以上だけが認定される「おおいた和牛」。その美しい霜降りと脂肪の質にこだわった風味が自慢だが、その存在は知る人ぞ知るというレベル。そんな"隠れ家的名牛"である「おおいた和牛」を全国に知ってもらおうとPRプロジェクトを発足した。

WEB動画では、伝統と格式ある歌舞伎の世界で、常に新しい挑戦を続ける中村が、同じく100年の歴史を超え、次の100年に向けて新たな挑戦を続ける「おおいた和牛」と出会い、そのおいしさを実感する様子を伝えている。

都内にある大分の料理店でアンテナショップの「坐来大分」を訪れた中村にとって、初めての「おおいた和牛」。「フィレ、イチボ炭火焼」を前に思わず笑みがこぼれる。続いて「おおいた和牛の地獄蒸し」を食べると「香りがジュワ〜っと口の中に広がりますね。脂がのっているところでも脂っぽさを感じないから食べやすくて...よく考えましたね」と話している。

第一弾のSNSキャンペーンでは10月20日~11月19日の期間中、関東・関西・九州の「おおいた和牛」サポーターショップと取り扱い店で食べた「おおいた和牛」の写真を、指定のハッシュタグをつけてインスタグラムに投稿すると、抽選で10人に参加店舗共通で使える5000円分の「お食事券」をプレゼント。また、「おおいた和牛」を購入して、家で食べた「おおいた和牛」の写真を同じく指定のハッシュタグをつけてインスタグラムに投稿すると抽選で5人に「おおいた和牛セット」1万円分が贈られる。

SNSキャンペーンは、来年2月19日まで全4回の開催を予定しており、各回とも共通の内容で行われる。さらに、ハッシュタグに加えて「#おおいた和牛推し」をつけて投稿するとWチャンスとして、全期間投稿者の中から抽選で10人に2万円分のおおいた和牛をプレゼント。今後はフェアやクラウドファンディングなど様々な取り組みを予定している。



<SNSキャンペーン期間>
第1弾:10月20日~11月19日
第2弾:11月20日~12月19日
第3弾:年12月20日~2021年1月19日
第4弾:2021年1月20日~2月19日

最新の記事

ケツト科学研究所:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る