Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
SP:右上長方形 アリスタライフサイエンス(株)トクチオン乳剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

酪農家支援金1800万円を寄付 栃木・愛知・熊本の指定団体へ グリコ2020年10月29日

一覧へ

江崎グリコは、新型コロナウイルスの影響を受けた酪農家の支援を目的に、同社が取り引きする3つの指定団体を通じ、総額1800万円を寄付。贈呈式が10月23日、27日の両日、各団体のある栃木、愛知、熊本の3か所で行われ、指定団体の各代表理事に目録を手渡した。

関東生乳販売農業協同組合連合会の菊池会長、酪農とちぎ農業協同組合の臼井勉会長、那須工場の大内田工場長(写真左から)関東生乳販売農業協同組合連合会の菊池会長、
酪農とちぎ農業協同組合の臼井勉会長、那須工場の大内田工場長(写真左から)

支援金は、関東生乳販売農業協同組合連合会、東海酪農業協同組合連合会、九州生乳販売農業協同組合連合会の3つの指定団体を通じ、それぞれ600万円ずつ総額1800万円を寄付された。

10月23日には栃木県で関東生乳販売農業協同組合連合会の菊池一郎会長に、同社那須工場の大内田和夫工場長から目録を手渡した。菊池会長は、「新型コロナウイルスの影響で学校が休校となり、学校給食用牛乳の余剰が一時は懸念されたが、多くの方々が乳製品を購入してくださったおかげで、そこまでの大きな被害を受けることなく、難局を乗り切ることができた。頂戴した支援金は、酪農家の皆さんに広く貢献ができるような意義のある使い方をしたい」と感謝を述べた。


東海酪農業協同組合連合会の鈴木会長(写真左)と岐阜工場の早田工場長東海酪農業協同組合連合会の鈴木会長(写真左)と岐阜工場の早田工場長

また、愛知県では同日、同社岐阜工場の早田繁喜工場長が、東海酪農業協同組合連合会の鈴木康弘会長に目録を進呈。鈴木会長は「東海酪連と共に歩んでいる酪農家のみなさんへの支援金として有難く頂戴します」と述べ、今後は、酪農家の意向も確認しながら施策を検討していくという。



九州生乳販売農業協同組合連合会の隈部会長(写真左)と佐賀工場の千貝工場長九州生乳販売農業協同組合連合会の隈部会長(写真左)と佐賀工場の千貝工場長

また、10月27日には、熊本県で同社佐賀工場の干貝博彦工場長が、九州生乳販売農業協同組合連合会の隈部洋会長に目録を手渡した。干貝会長は「このようなあたたかいご支援は大変心強く、生産者を勇気づけるものとなります。いただいた支援金については今後、同会会員の意向を確認しながら生産者に有効な施策を検討し、活用させていただきます」と感謝を伝えた。

最新の記事

シンジェンタミラビスフロアブル:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る