想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
Z-GIS:ヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

北海道の新規就農者をお菓子でサポート 子牛用ヒーター贈呈 シーキューブ2020年11月18日

一覧へ

(株)シュゼット・ホールディングス(兵庫県西宮市)が展開する洋菓子ブランド「シーキューブ」は、主力商品「焼きティラミス」の売上金額から北海道の酪農家をサポートする取り組みを2016年より実施。5年目となる今年度は、11月9日にJA浜中町を通じて、北海道厚岸郡浜中町の新規就農者2組に畜産用ヒーターを贈った。

就農者研修を経て、今年から生乳の生産を始めた関東出身の新規就農者の夫婦就農者研修を経て、今年から生乳の生産を始めた関東出身の新規就農者の夫婦

シーキューブは、コーヒー・チーズ・カカオの3つの「C」を活かしたお菓子づくりにこだわり、素材を厳選しており、乳製品は北海道根釧地区の醗酵バターやマスカルポーネなどの良質な素材を使っている。そんな中、毎年減少を続ける酪農家の現状に危機感を持ち、売上の一部をこれから酪農を始める人の初期投資や、酪農を維持していくための支援に使っている。

今回の寄贈品は、カーフハッチの上に吊るせる畜産用ヒーター。ホルスタインは寒さに強い品種だが、親牛に比べ皮下脂肪が少なく、寒冷ストレスを受けやすい仔牛を温める器具としてこの時期から必需品となる。

例年は、浜中町で贈呈式が行われるが、コロナ禍の今年度は贈呈式を見送った。

最新の記事

国際衛生SP:パナミエール

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る