想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ゴーゴーサン
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

次亜塩素酸水溶液の脱臭機材による豚舎の脱臭研究開始 静岡中小試とキヤノンMJ2020年11月25日

一覧へ

静岡県畜産技術研究所中小家畜研究センター(静岡中小試)とキヤノンマーケティングジャパン(キヤノンMJ)は、キヤノンMJが販売する次亜塩素酸水溶液の脱臭機材を活用し、養豚業界の課題である豚舎の悪臭を脱臭する研究を始めた。将来的には次亜塩素酸水溶液の除菌効果を活用し、豚舎内の家畜の疾病低減に向けた研究も検討する。

静岡中小試の研究豚舎静岡中小試の研究豚舎

キヤノンMJは、2019年7月に高い脱臭能力をもつ次亜塩素酸水溶液を利用した脱臭システムを開発し、販売を始めた。当初は、この脱臭システムを主に堆肥化コンポの脱臭用として展開してきたが、昨今の悪臭問題に対する意識の高まりを受け、豚舎や食品工場などに用途を拡大している。

一方、静岡中小試は、畜産業の社会的、経済的な課題解決に向けた研究を実施。静岡県内では、東日本大震災以降に住民の内陸部への移住が増えたことで養豚場近隣への宅地化が進み、養豚場が排出する悪臭が大きな社会問題となっている。また、県内産豚肉のニーズは高まっているものの、悪臭問題が養豚場の規模拡大や新規参入を阻害することで産業振興の妨げになるなど、経済的な課題にもなっている。

こうした課題の解決に向けて、両者は研究を開始する。具体的には、全国に先駆けて「閉鎖型豚舎における無臭技術」の開発をめざす。次亜塩素酸水溶液が持つ脱臭能力に加え、キヤノンMJによる安全、効率的で安価なランニングコストで次亜塩素酸水溶液を生成できるノウハウを活用し、豚舎における最適な脱臭方法の研究を推進する。

今後、両者は悪臭対策だけでなく、次亜塩素酸水溶液の殺菌・殺ウイルス効果を活用。将来的には家畜の疾病低減についての研究も検討し、畜産業の発展を支援していく。

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る