人事2024 左バナー 
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCベリマークSC:(SP)センター
JA全中中央①PC
FMCプレバソンSP

実証成果とりまとめ「スマート放牧導入マニュアル2024年版」公開 農研機構2024年4月1日

一覧へ

農研機構を中心とする研究グループ西日本スマート放牧コンソーシアムは3月29日、スマート放牧に関する実証成果をとりまとめた冊子『スマート放牧導入マニュアル~ 荒廃農地の再生による環境保全と生産性向上~<2024年版>』を農研機構のウェブサイトで公開した。

スマート放牧.jpg人口減・労働力不足が進行する中、放牧は農地保全と省力的な家畜生産を両立する飼養方法。特に中山間地域では、就農人口の減少を背景とする荒廃農地拡大が続き、放牧は荒廃農地の再生にも大変有効な手段といえる。しかし、放牧の実施には牛の餌となる牧草の確保や放牧牛の確認の省力化など複数の課題があった。同冊子では、これらの課題を解決するスマート技術や導入費用算出法等を紹介している。

冊子では、荒廃農地の再生技術、放牧期間の延長技術、鶏ふんを効率的に散布する技術、放牧牛の位置を看視する技術、電気牧柵の電圧を監視する技術に加え、複数の技術の導入を一定額以下に抑える考え方等も紹介。写真やイラストを用いて分かりやすく解説している。

重要な記事

ナガセサンバイオ右上長方形SP 20230619

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る