JAの活動 ニュース詳細

2013.02.21 
「国のかたち一変させる」TPP交渉参加参加断固阻止 JA全中・萬歳会長が声明一覧へ

 JA全中の萬歳章会長は22日に行われる日米首脳会談を前に21日、「TPP交渉断固反対」とする声明を発表した。

 声明ではTPPが聖域なき関税撤廃を前提としているだけでなく、外国企業が国家を訴えることができるISD条項が導入される可能性もあり「まさにTPPはわが国のかたちを一変させる」と指摘。「我々はこのようなTPP交渉への参加には断固反対」と改めて表明し、安倍総理が国会答弁で言明した「6項目を掲げて選挙を戦った。有権者、国民との約束を違えてはならない、という言葉を信じている」、「政治は信頼。信頼の礎に立って日本農業を振興し地域の伝統を守るという強い意志をもって安倍総理が日米首脳会談に臨まれることを強く確信している」と強調している。

【声明全文】

日米首脳会談を前にした

TPP交渉参加断固阻止に関する全中会長声明


 安倍総理は、22日にオバマ米国大統領と日米首脳会談を行い、日米関係強化の観点から幅広いテーマを議論する予定である。

 日米首脳会談では、TPPについても意見交換されると見込まれるが、TPPは、聖域なき関税撤廃を前提としているだけでなく、国民のいのちと健康を守る医療制度や、食の安全・安心の基準等についても改悪を余儀なくするものである。さらに、外国企業が国を訴えるISD条項が導入される可能性もあり、まさにTPPはわが国のかたちを一変させるものである。

 改めて言うまでもなく、我々はこのようなTPP交渉への参加に断固反対であり、安倍総理が国会で言明した「6項目を掲げて選挙を戦った。有権者、国民との約束を違えてはならない」という言葉を信じている。

 また、安倍総理は、「農業は国の礎である」とし、「文化、地域を守る伝統といった多面的機能、そして、私たちの精神に結びつく存在として守っていかなければならない」と答弁した。

 我が国の農業は、急峻かつ南北約3000kmに及ぶ国土の中で、水田・畑作農業、畜産・酪農、野菜、果樹、砂糖など、特色ある気候・風土に適応した多様な農業を展開しているが、TPP交渉への参加は、決して安倍総理の言葉、理念を実現することにはならない。

 政治は信頼であり、その信頼の礎に立って、日本農業を振興し、地域の伝統を守るという強い意志をもって、安倍総理が日米首脳会談に臨まれることを強く確信している。

平成25年2月21日
全国農業協同組合中央会会長 萬歳章

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ