JAの活動 ニュース詳細

2013.11.25 
座り込みと抗議行動 JA全青協一覧へ

 12月7日からのTPP閣僚会合を前に全国農協青年組織協議会(JA全青協)は、若手農業者として国会決議の実現などを求めて2日から独自行動を行う。

 TPP交渉は若手農業者の経営や地域コミュニティの発展を阻害する可能性があるが、交渉状況について正確な情報が開示されず、現場では混乱や不信が強まっている。こうしたことから決議実現を訴える行動を行うことにした。
 12月2日(月)は午後5時から(3日は午前8時から10時半まで)衆議院第2議員会館前で全国の若手農業者約150人が座り込みを行う。
 また、3日は午後1時30分ごろから首相官邸前で抗議行動を行う予定だ。


(関連記事)

JA全青協が農水省と意見交換(2013.10.31)

JA全青協と国会議員 日本農業の行く末を討論(13.10.30)

経営所得安定対策の見直しを議論 自民党 (13.10.29)

【TPP】「ISDSは救済措置」政府は積極的 (2013.10.24)

全青協、女性協が街宣 「TPPを知ってほしい」(2013.10.01)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ