農政 ニュース詳細

2013.10.24 
【TPP】「ISDSは救済措置」政府は積極的一覧へ

 10月24日の参議院予算委員会で甘利明TPP担当大臣はTPP交渉のなかで「ISDSについてはかなり収れんしつつある」と答弁した。
 日本は24の投資協定でISDSを入れていることに触れ、甘利大臣は「投資をする側にとっては、当初、予測されていなかった新たな規制が突然入ってきたりすると、こんなはずじゃなかったということになるから、そこはきちんと入れていく必要がある」と述べた。

 ただ、衆参農水委員会の「国家の主権を損なうようなISD条項には合意しないこと」とする決議は「ふまえている」と強調した。
 さらに、交渉の中身は公開できないとしながらも「NAFTA(北米自由貿易協定)以降、米国は(ISDSの)濫訴防止条項を入れている」とし、交渉で「それぞれの国が納得していく国際ルールにしていく」と述べている。

◆「投資を保護するために有効な手段」

 10月初めのTPPインドネシア(バリ)会合後、政府は自民党の会議などの場でTPP交渉の主要分野に関する解説と政府の姿勢を示す文書を配布している。ISDSについては「ある国でTPPが想定していない規制が発動されて投資家が損害を被るような場合、救済措置がないとTPPのルールが有名無実化するため、ルールの実効性を担保するための救済措置としてISDSがある」としている。
 そのうえで「投資を保護するために有効な手段の一つとなるため、日本企業が安心して外国に進出できるというメリットを享受できる」としており、日本政府の積極的な姿勢が伺える。


(関連記事)

政府・党一体で公約実現方針確立を 自民議連 (2013.10.17)

【TPP】市場アクセス、国別交渉は進展なし(13.10.15)

【TPP】11月中旬に党内意見を集約 自民党 (13.10.11)

TPPで全国集会 3000人が現場の怒り訴える(2013.10.10)

TPP対抗軸の構築を 協同組合学会がシンポ(2013.10.09)

聖域確保は国民との約束 自民議連が決議 (2013.10.04)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ