Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

JA全青協が農水省と意見交換2013年10月31日

一覧へ

 JA全青協(全国農協青年組織協議会:山下秀俊会長)は10月30日、農水省の皆川次官らと今後の農業政策についての意見交換を行った。

皆川次官と懇談するJA全青協の盟友ら 全体会合のあいさつで皆川芳嗣次官は「役所の仕事のやり方としてはどんな方が来られてもいつも議論に応じる。どんどん積極的に議論をふっかけていただいて、それをもとに政策を進めていくということを銘記している。まずはみなさんのほうから攻めてきてください」と話したほか、「JA全青協は6万人の会員がいると聞いている。その方々は農業の現場に近くて現場実態を肌で感じておられる方だと思う。その意見がJA組織のなかからももっと強く出てくるような姿が大きな意味でのJA改革になると思うし、日本農業を支えていく若い人たちの意見が反映されていく道だと確信している。
 大事にしたいのは現場適応性がない政策ではだめだということ。最終的に持続可能な農業の姿を維持できなければいけないと思っている。新しい世界に向けてがんばっていけるように実りある意見交換にしたい」とあいさつした。
 その後、水田、畜産酪農、食農、都市農業の専門部会に分かれて意見交換した。

(写真)
皆川次官と懇談するJA全青協の盟友ら


(関連記事)

農林記者会設立65周年記念シンポジウム「所得倍増の道を探る」11月18日開催

JA全青協と国会議員 日本農業の行く末を討論(13.10.30)

経営所得安定対策の見直しを議論 自民党 (13.10.29)

【TPP】「ISDSは救済措置」政府は積極的 (2013.10.24)

全青協、女性協が街宣 「TPPを知ってほしい」(2013.10.01)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る