JAの活動 ニュース詳細

2013.10.31 
JA全青協が農水省と意見交換一覧へ

 JA全青協(全国農協青年組織協議会:山下秀俊会長)は10月30日、農水省の皆川次官らと今後の農業政策についての意見交換を行った。

皆川次官と懇談するJA全青協の盟友ら 全体会合のあいさつで皆川芳嗣次官は「役所の仕事のやり方としてはどんな方が来られてもいつも議論に応じる。どんどん積極的に議論をふっかけていただいて、それをもとに政策を進めていくということを銘記している。まずはみなさんのほうから攻めてきてください」と話したほか、「JA全青協は6万人の会員がいると聞いている。その方々は農業の現場に近くて現場実態を肌で感じておられる方だと思う。その意見がJA組織のなかからももっと強く出てくるような姿が大きな意味でのJA改革になると思うし、日本農業を支えていく若い人たちの意見が反映されていく道だと確信している。
 大事にしたいのは現場適応性がない政策ではだめだということ。最終的に持続可能な農業の姿を維持できなければいけないと思っている。新しい世界に向けてがんばっていけるように実りある意見交換にしたい」とあいさつした。
 その後、水田、畜産酪農、食農、都市農業の専門部会に分かれて意見交換した。

(写真)
皆川次官と懇談するJA全青協の盟友ら


(関連記事)

農林記者会設立65周年記念シンポジウム「所得倍増の道を探る」11月18日開催

JA全青協と国会議員 日本農業の行く末を討論(13.10.30)

経営所得安定対策の見直しを議論 自民党 (13.10.29)

【TPP】「ISDSは救済措置」政府は積極的 (2013.10.24)

全青協、女性協が街宣 「TPPを知ってほしい」(2013.10.01)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ