Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

シンポ「所得倍増の道を探る」 農林記者会主催2013年10月7日

一覧へ

 本紙(農業協同組合新聞(JAcom))も加盟する農業・食品産業の専門紙で構成する農林記者会は、創立65周年を記念して11月18日に生産者、政治家、研究者を招いたシンポジウムを開催する。

農林記者会創立65周年記念シンポジウム「所得倍増の道を探る」 テーマは「所得倍増の道を探る~食と農がつくる日本の未来」。
 第一部は、小里泰弘農林水産大臣政務官の「農林水産業・地域の活力創造~農業・農村所得倍増に向けて(仮)」と、鈴木宣弘東大大学院教授の「TPPと所得倍増は両立するか(仮)」の基調講演。
 第二部はパネルディスカッション。新潟県の水稲、野菜生産者・大越正章さん(大越農園代表、全国農業青年クラブ連絡協議会会長)、山梨県のブドウ生産者・三森かおりさん(有限会社ぶどうばたけ取締役)、千葉県の酪農生産者・長嶋透さん(株式会社長嶋代表取締役)が参加、また、小里政務官と鈴木東大教授もディスカッションに加わる。

◎日時:平成25年11月18日(月)14時(13時30分受付開始)~17時30分
◎場所:海運クラブ2階ホール(東京都千代田区平河町2-6-4海運ビル)
◎参加費:無料
◎申し込み:農林記者会まで(下の申込み用紙を参照)
◎問い合わせ:農業協同組合新聞(TEL:03-3639-1121)

nous1310070802.jpg

 

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る