JAの活動 ニュース詳細

2014.04.25 
JC総研 「ビジョン研究会」の成果を集大成一覧へ

 JC総研は2012年の国際協同組合年(IYC)を契機に2011年から「新協同組合ビジョン研究会」を創設し、9つのテーマで研究を重ねた。このほどその3年間の研究成果を集大成し、このほど出版した。

3年の研究成果を集大成した書籍  研究テーマは、[1]協同組合運動の哲学、[2]我が国協同組合運動の歴史的総括、[3]21世紀の社会経済と協同組合セクター、[4]協同組合運動における参加のあり方、[5]参加を基軸とする組織運営・事業活動・経営管理、[6]協同のネットワーク・社会連帯、[7]協同組合における教育・文化活動と学び合い、[8]我が国協同組合法制度の総括と今後のあり方、[9]協同組合研究史の9つ。
 それぞれの研究成果を、[1]から[8]までのテーマについて『協同組合は「未来の創造者」になれるか』(中川雄一郎/JC総研編)に、最後の協同組合研究史のテーマは『協同組合研究の成果と課題 1980-2012』(堀越芳昭/JC総研編)して2冊の本にまとめた。『家の光』創刊90周年記念として出版した。

(写真)
3年の研究成果を集大成した書籍


(関連記事)

精肉の国産志向が顕著に JC総研調査(2014.04.09)

独では協同組合が主役 再生可能エネルギーシンポ(2014.03.26)

子ども・若者の未来を考える JC総研公開研究会(2014.03.24)

子ども・若者に夢を JC総研が公開研究会(2014.03.03)

循環型社会が日本を変える JC総研が研究会(2014.01.29)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ