左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

創意工夫で自己改革を 萬歳全中会長2015年7月6日

一覧へ

 「組合員のために何を成すべきかと考えて、この4年間やってきた」。JA全中の萬歳章会長は、7月2日、任期中最後となった定例会見で記者の質問に応え、任期中の感想を述べた。

萬歳全中会長 萬歳会長在任中は、東日本大震災、減反政策の廃止と米の価格暴落、そしてTPPと今回の農協改革と国や農政レベルで大きな出来事があり「激動の4年間だった。そのなかで農は国の基、この精神でやってきた。これからは1組合員として農協運動を支えていきたい」と述べた。
 また、もっとも印象に残ったことについては、民主党の野田政権の時、国技館で開いたTPP参加阻止で6000人の集会を挙げ、「関税の廃止など(日本の農業にとって)とんでもない内容だと思った。聖域が守れなければ参加しないと、国会決議までしたのに...」と、TPP前のめりの安倍政権に不満も残る。
 そして、「唐突の農協改革。自主自律の中で改革を進めなければならないが、いい方向にもっていけなかった」と、反省の弁も。また2日に決まった10月のJA全国大会議案について、「各重点分野で集中議論し、創意工夫で自己改革を徹底してほしい」と述べた。


写真=最後の記者会見をする萬歳会長

(関連記事)

JA全国大会協議案決まる (2015.07.06)

JAグループがキャッチフレーズ募集(2015.07.06)

JA全中の新会長に奥野氏 来月11日臨時総会で決定 (2015.07.03)

奧野氏と中家氏が立候補 次期JA全中会長 (2015.06.18)

自己改革、どう進めるか 「JA人づくり研」が研究会 (2015.06.10)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る