JAの活動 ニュース詳細

2015.07.13 
小規模農家育成へプラン JA広島中央一覧へ

「ふれあい農園」で誘導 3コース、入園者は組合員に

 広島県のJA広島中央は、農園を開設し、小規模農家の育成に乗り出した。農地の確保や農機への投資、出荷などで支援し、就農を希望する人の不安を解消するもので、農家育成という目的を明確にプランに基づいて運営するところに特徴がある。

nous201507130701.jpg 「小農家育成基本プラン」と銘打った「ふれあい農園」は、同JA管内東広島市高屋町の約20アール。開設の目的は、農業に興味のある人に門戸を広げ、応援することにある。
 同JA管内の東広島市は、広島市への通勤圏内で、広島大学のキャンパスもあり、人口の増加が見られる地方都市の一つだ。新しい住民のなかには、自分で農業をやり、安全で安心できる農産物を作りたいという人も多い。
 だが栽培技術を初め、農地や農機具がなく、販売方法も分からないため、実際の就農には不安が多い。「ふれあい農園」は、この不安を取り除き、新規就農を促すための支援を行う。
 プランは段階別に3コースある。初級者(喜=よろこび)コースは主に野菜づくりの体験、中級者(豊=ゆたか)コースは作付面積を増やし産直市への出荷、上級者(匠=たくみ)コースは大規模作付けが可能なほ場へ誘導、もしくはハウス栽培等によって農業で生計維持をめざす。「喜」、「豊」の段階では、それぞれ上級のコースへ誘導する。
 開園したのは今年の6月で、「喜」の希望者を募集したところ、すぐに定員の18組に達した。12月にかけて1区画(0・3アール)で、12月まで野菜づくりに挑戦する。JAは週に2、3回指導員を駐在させ、現地指導する。また入園者はJAに出資して組合員になってもらう。
 園内には伝言板を置いて入園者と指導員意思疎通をはかるとともに、近くのJAグリーンセンターに小ロットの肥料や農薬、種子、苗などを置く。また作業に必要な農機具などは安く貸し出す。生産した野菜は、会員登録せずに直売所に出荷できるようにするなど、希望者にはゼロから就農できるようあらゆる配慮をしている。
 さらに農園の一部は新人職員の研修農地としても活用する。
 同JAの德永組合長は「地域農業を守るには集落営農や法人のような規模の大きい経営も必要だが、小規模経営も大事にしなければならない。将来、一人でも自立した農家に育って欲しい」と期待する。

(写真)自立経営をめざし、JAの指導を受ける「ふれあい農園」の入園者

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ