JAの活動 ニュース詳細

2015.07.16 
「写真で感じる日本の食と農」を共同展示-JAグループ一覧へ

 JAグループは7月17日から冨士フィルムが開催する写真展に「写真で感じる食と農」を共同展示する。

 富士フイルムは「PHOTO想いをつなぐ。3000万人の写真展2015」を7月17日から全国29都市で開催する。今年は0歳から94歳まで過去最高となる3万5000点あまりの作品が寄せられたという。日本最大級の参加型写真展で家族の思い出、心に残る風景など、ひとりひとりの想いが込められた「とっておきの写真」が展示される。
 JAグループ(JA全中、JA全農、日本農業新聞、農協観光、JA全国女性組織協議会、全国農協青年組織協議会)は、この取り組みに協力し東京会場(7月17日~22日)で「写真で感じる日本の食と農」として共同展示を行う。美しい農村の暮らしの風景や、田植え・収穫などの農作業の様子など、バラエティー豊かな写真の数々が展示される。
 場所は東京・港区の東京ミッドタウン内「プラザB1メトロアベニュー」。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ