Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

JR大阪駅で「兵庫の実り」 JA担当者自ら販売 JA全農2015年9月17日

一覧へ

 JA全農は、9月21日、22日にJR大阪駅で、みのりみのるマルシェ「兵庫の実り」を開く。

 JR西日本グループと提携し、5月から定期的にJR大阪駅アトリウム広場で「みのりみのるマルシェ」を開いている。これまでにも大阪や鳥取など各地域の特産物を「生産者と生活者が互いを想い食と農をつうじて共感する」をテーマとして開催し、多くの客で賑わった。
 「兵庫の実り」では、兵庫県の農畜産物や加工品の紹介と販売、兵庫県への移住などについてのパンフレットも配布される。
 特産物では、JA兵庫六甲が「三田米コシヒカリ」、JAみのりが「金播磨へそゴマぽん酢」、JA兵庫みらいが「いちじくようかん」などを販売する。現地のJA担当者が直接販売するので、よりおいしい食べ方を教わることができる。
◎日時:9月21日、22日。11時~18時(売り切れ次第終了)
◎場所:大阪駅ノースゲートビルディング2階「アトリウム広場」
 また10月には北海道のJAオホーツク網走とホクレン、11月には兵庫のJA丹波ささやまが同じくみのりみのるマルシェを開く予定となっている。
(写真)これまでに開催されたみのりみのるマルシェのにぎわいみのりみのるマルシェのにぎわい

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る