JAの活動 ニュース詳細

2015.11.27 
4年後県1JAへ JAグループ山口 組合員数で最大規模一覧へ

 JAグループ山口が平成31年に県内1JAを目指す。11月19日に開いたJA山口県大会で決めた。28年4月に「県域合併対策室(仮称)」を設け、グループ内の全組織参画のもと、構想実現に向けた具体的な協議を進める。県内1JAは奈良、香川、沖縄、島根に次いで5県目。組合員で全国最大規模のJAになる。

 同県の合併は、1990年度から、94JAを11JAに集約する構想に取り組み、2006年に萩市と旧阿武町のJAが合併し「JAあぶらんど萩」が誕生し、現在の12JA体制が続いている。
 しかし、高齢化による農業者の減少、組合員構成の変化など、JAの組織基盤の脆弱化が進み、他業態との競争が激しくなり、総体的な事業量の減少などJAを取り巻く環境が年々厳しくなった。
 このためJAグループ山口では、平成25年に策定した「JAグループ山口支所(店)機能再編協会指針」に基づき、全JAで、27年度末を目途に「支所(店)再編計画」を策定し、30年度末までの計画完遂をめざし、経営基盤強化の取り組みを進める方針。
 また今年3月には「食と農を基軸として地域に根差した協同組合」として、将来にわたって組合員・地域の負託に応えていくため、「JAグループ山口自己改革プラン」を策定し、合併に向けて大きく舵を切っている。
 具体的な取り組みでは、27年度末を目途に「県下1JA構想」を策定し、大会決議の実践期間(平成28~30年度末)を重点期間と位置付け、31年度機首の合併実現をめざす。
 山口県内のJA組合員数は約22万5000人。正組合員数は8万6000人余で、すでに県1JAとなった先行の4県よりも大規模になる。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ