Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:プリンスベイト
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

明日から移動販売開始! 「ミニファミ号」 JA全農×ファミリーマート2016年4月6日

一覧へ

 「ファミリーマート+Aコープいよ店」を運営する(株)Aコープ西日本は4月7日から、同店を母店とした移動コンビニ「ミニファミ号」を使った販売を愛媛県松山市五明地区などで始める。

「ファミリーマート+Aコープいよ店」 「ファミリーマート+Aコープいよ店」はJA全農と(株)ファミリーマートが締結した"Aコープ包括業務提携"に基づき2014年5月から展開。「地域の皆さまが笑顔で集う まちのよりあい所」をコンセプトに、利便性に富んだファミリーマートとJAグループならではの生鮮商品などを販売する。産直コーナーも設置され、平成27年度の年間利用者数は41万142人だった。
 同店を母店とした軽自動車タイプの移動コンビニ「ミニファミ号」が4月1日からプレオープンし、7日から本格的に開始する。買い物が不便な地域への社会貢献を目的に、「地域実態に即した新たなJA生活事業の実践運動」の一環として行われる。
 対象地区は高齢化の進む実川・五明地区と荏原・坂本・窪野地区で、それぞれ週に2回ずつ営業ルートを回る。五明地区は182世帯、608人が居住し、荏原・坂本地区は計3440世帯、1万341人が住む。
 年間営業日は208日で、次年度以降は260日の営業を目指す。Aコープマーク品やJAの青果物のほか、コンビニ商品の弁当など約150種類の商品を販売する。初年度の売り上げ目標は624万円。
(写真)母店の「ファミリーマート+Aコープいよ店」はイートインコーナーもあり、地域に密着した営業を目指す


(関連記事)
産直野菜を群馬県から 「サッポロ一番 グリーンプレミアム0(ゼロ) 野菜だしラーメン」 JA全農(16.04.06)

「ふるさと納税支援システム」を開発 JA全農・JAタウン (16.04.01)

より近く より深く より前へ JA全農3か年計画 (16.03.30)

宮崎で JA全農杯小学生サッカー大会九州地区代表決定戦 (16.03.25)

「だれにもできる土の物理性診断と改良」を出版 JA全農 (16.03.24)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る