JAの活動 ニュース詳細

2016.04.25 
アスパラガスまるごと一本振る舞い 盛況 長野県一覧へ

 JA長野県農産物PR協議会は4月22日、長野県県庁10階の食堂で「信州の旬を楽しもう!~4月はアスパラガス~」を行い、全国3位の生産量を誇る長野産グリーンアスパラガスを250人にふるまった。

まるごと一本ふる舞われた「信州の旬を楽しもう!~4月はアスパラガス~」 当日はJA須高産の「まるごと一本アスパラガス」が、JA全農長野の子会社の長野興農(株)で作ったナメタケを使った「なめたけマヨディップ」とともにふる舞われた。県庁の食堂は一般の人にも公開しており、県庁に勤務する職員を中心に約1時間程度で終了した。
 長野産グリーンアスパラガスは4月下旬から出荷最盛期を迎える。アスパラガスを食べた参加者は「まだまだ価格が高いので、今シーズン初」、「まるごと1本で提供されるのは面白いですね」とイベントを楽しんだ。
 JA長野県農産物PR協議会はJA長野県グループの県域組織で平成26年に設立。構成団体は、JA長野中央会、JA長野信連、JA全農長野、JA長野厚生連、JA共済連長野となっている。同協議会は長野県産農産物の旬のおいしさを感じてもらう機会を、今年度は月に1度、県の関連施設で提供する予定。担当者は「長野県の旬のものを、一般の方へ紹介していきたい」と意気込みを語った。
(写真)まるごと一本ふる舞われた「信州の旬を楽しもう!~4月はアスパラガス~」

今日のニュースへ戻る

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ