Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

都市農業振興で組織討議-JAグループ2016年5月20日

一覧へ

 JAグループは5月12日の全中理事会で都市農業振興に向けた組織討議を実施することを決めた。6月末まで協議を行い、7月7日の全中理事会でJAグループの新たな考え方をまとめ、国や地方都市の都市農業振興政策への反映をめざす。

 政府は「都市農業振興基本計画」を5月13日に閣議決定した。これを受けて今後、具体的な都市農業振興に向けた新たな税制度の検討などを進めるほか、地方公共団体では市街化区域の農地の扱いなどを検討することになる。
 そのため「都市農業振興に向けたJAグループの基本的考え方」を5月の理事会でとりまとめ、これをもとに組織討議を行う。
 JA全中は今回の組織討議でまとめる「新たな基本的考え方」の位置づけについて、▽都市農業振興に対するJAグループの共通認識の整理、▽国や地方公共団体等に対する要請資料、▽都市農業・JAが日本の農業に果たす役割を整理するものとしている。また、こうした取り組みが都市のJAの自己改革実践の指針ともなるとしている。
 基本的考え方では都市農業のめざす姿とその実現に向けたJAの取り組み、税制や生産緑地制度など国に求める事項などを整理している。
 そのうえで全中は組織討議の論点を整理している。
 主な論点は、都市農業の定義、地方公共団体との協議開始に向けた課題、農地保有コスト低減のための制度創設への考え方、相続税納税猶予制度適用農地に貸借についての対応などとなっている。

今日のニュースへ戻る

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る