JAの活動 ニュース詳細

2016.06.09 
御子柴会長を再選、14名の上級オペを認定 全国農協CE協議会総代会一覧へ

 全国農協カントリーエレベーター協議会は、6月8日、東京・大手町のJAビルで第44回総代会を開催。その後、上級オペレーター認定式を実施した。

 JAグループの米麦事業の生産・販売の拠点であるカントリーエレベーターなど、大規模乾燥調製貯蔵施設の管理運営などの改善・向上を目指して昭和49年に設立された同協議会の会員数は、今年4月末現在で、39道府県265JAの757施設となり、その貯蔵能力は200万tを超えている。
 8日に開催された総代会では、平成27年度事業報告と収支決算を承認。さらに品質事故防止に向けた取組みや各種研修会の開催、会員への情報提供など28年度事業計画と収支予算を満場一致で承認した。その後、任期満了に伴う新幹事15名を選出。総代会後の幹事会で御子柴茂樹会長(JA上伊那組合長)を再選した。
 総代会終了後、上級オペレーター認定式が行われ、今年2月に行われた上級オペレーター認定試験(全国3会場で実施、15県45名が受験)で合格した14名に認定書と認定記念プレートが、御子柴会長から贈られた。
 この認定制度は23年度から実施されており、今回認定の14名を加えて、62名が上級オペレーターとして認定されている。
 今回の認定者は以下の通り(敬称略)。
「けっこう難しかった」という認定試験で合格した14名の上級オペレーターの皆さん▽手嶋靖・JA加美よつば(宮城)
▽木村正博・JAいしのまき東松島CE(宮城)
▽櫻井浩司・JAいしのまき河南CE(宮城)
▽須藤幸則・JAいしのまき桃生CE(宮城)
▽赤坂透・JA秋田おばこ田沢湖CE(秋田)
▽渡部公仁・JA会津よつば塩川CE(福島)
▽大谷智史・JAふくしま未来相馬中村CE(福島)
▽戸田佳文・JA魚沼みなみ大和CE(新潟)
▽藤井勝朗・JAぎふ春近CE(岐阜)
▽廣瀬博・JAぎふ本巣CE(岐阜)
▽清水豊・JA甲賀甲賀CE(滋賀)
▽松本直樹・JA香川県四国大川東CE(香川)
▽青井大吾・JA筑前あさくら金川CE(福岡)
▽竹内健太郎・JA玉名玉名第一CE(熊本)
(写真)「けっこう難しかった」という認定試験で合格した14名の上級オペレーターの皆さん

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ