Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

異業種4社で食農グリーンツーリズム・モニターツアー2016年7月21日

一覧へ

 農林中央金庫、(株)農協観光、(株)ABC Cooking Studio、(株)リクルートライフスタイルの4社はこのほど第2回インバウンド「食農グリーンツーリズムモニターツアー」を実施した。

 4社は地方交流人口の増加による地域活性化と日本食の魅力発信による輸出拡大をめざし、2016年2月に包括的パートナーシップ協定を締結した。各社の強みを生かしつつ、国内外の旅行者へ向けたグリーンツーリズムのツアー開発に取り組んでいる。
 第1回は4月に香港のABCクッキングスタジオの会員を対象に関西エリアで実施した。ツアーでは和歌山、奈良、京都の3都市を周遊し、JA直売所の訪問、地元の方や生産者との交流、収穫体験、地場食材を使った調理体験など「食と農」をテーマにしたプログラムを体験してもらった。
 参加者は日本への興味・関心が高くSNSでの発信力も高い10名の女性。ツアー後のアンケートでは地元で穫れる桃を使ったジャムづくりや、京野菜を使った和食づくりなど、自身が体験できるプログラムに高い評価が集まったという。また、直売所など一般のガイドブックに掲載されていない場所にも関心は高く、食と農に特化した地域性の強いツアー商品のニーズを顕在化することができたとしている。
 第2回目はシンガポールのABCクッキングスタジオの生徒10名を招き7月18日から2泊3日で東京・千葉・神奈川エリアをめぐった。千葉ではJA富里市とJAきみつの直売所訪問、神奈川ではJA横浜の協力で農園での収穫体験などを行った。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る