JAの活動 ニュース詳細

2016.08.04 
現場の声反映した前進を期待-奥野JA全中会長一覧へ

 JA全中の奥野長衛会長は8月3日、山本農相の就任にあたって、生産現場の声を反映した農政を前進させる強力なリーダーシップ発揮を確信している、との談話を発表した。

 談話で奥野会長は「わが国全体が人口減少社会に転換するなか、農業分野においても後継者や労働力の確保が喫緊の課題となっており、将来を担う人たちにとって、農業・農村がいかに魅力あるものとなるかが問われている」と指摘している。
 そのうえで山本農相は自由民主党の農林水産業・地域の活力創造本部長や金融担当大臣など要職を歴任。農林水産業が地域の基盤である高知県の出身であることから、この秋のTPP関連対策の具体化や米政策の見直しなどの議論に、幅広い見識と豊富な経験を生かし、生産現場の声を反映した農政を前進させる「強力なリーダーシップを発揮していただけるものと確信している」と期待を寄せた。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ