左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

病院監修の「療養食」販売 ファミリーマート+Aコープこうぶ店2016年8月26日

一覧へ

 島根県松江市で運営するAコープとファミリーマートの一体型店舗「ファミリーマート+Aコープこうぶ店」は8月30日から”メディカルフーズ(療養食)”の取り扱いを始める。店舗近隣にある鹿島病院の監修のもと、各メーカーの約50種類の療養食の販売を行う。

ファミリーマート+Aコープこうぶ店 メディカルフーズ(療養食)は、塩分量やたんぱく質量など、食事に配慮が必要な人に向けた商品。店頭に専用売り場を設けて、「常温」と「冷凍」を販売する。商品は近隣の鹿島病院から品揃えについてアドバイスをもらった各メーカーの療養食50種類。病院のアドバイスのもとで揃えた商品のため、地域の高齢者などに、推薦できる内容となっている。
 病院に療養食の商品の予約注文書が置いてあるため、「購入量が多いから商品が足りるか心配」といった利用者の声にもこたえることができる。
 ファミリーマートの担当者は「ネットでも療養食を買うことはできるが、試しに1個買ってみたいというお客様や、少しずつ買い求めたいというニーズに対応できる」と話す。売り場には生産者直売コーナーがある他、カラオケルームや介護予防教室なども併設されている。
(写真)ファミリーマート+Aコープこうぶ店。売り場には生産者直売コーナーがある他、カラオケルームや介護予防教室なども併設されている。

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る