左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

1200万人来店を祝う 「めっけもん広場」 JA紀の里2016年9月9日

一覧へ

 和歌山県のJA紀の里ファーマーズマーケット「めっけもん広場」の来店客が、8月29日1200万人に達した。平成12年、全国で初の本格的なファーマーズマーケットとしてスタートし、現在の年間売上高27億円は、野菜と花きだけのファーマーズマーケットとしては全国一の規模を誇る。同日1200万人目の入店者に花束を贈り、週末の土日に記念イベントを行った。

1200万人目で祝福される来店者 1200万人目になったのは、29日午前10時ごろレジで会計をしていた8組の来店者。山田泰行組合長らが出迎え記念撮影した。用意していたくす玉が割られ、店内アナウンスされると売場は祝賀ムードに包まれた。地元に住むという女性は「いつも買い物にきていますが、このような機会に立ち会うことができて大変嬉しいです」と話していた。
 土日のイベントでは特産の柿を使ったプリンや「かっき的なお料理レシピ」紹介、めっけもん広場オリジナル「柿カレー」の紹介と「柿の皮むき」教室などを行い、2日間で4800人が来店した。

(写真)1200万人目で祝福される来店者

最新の記事

コルテバアグリサイエンスSP

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る