左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

梨3品種食べ比べ「甘い」 ミノーレ2016年9月12日

一覧へ

 東京・大手町のJAビル4Fの農業・農村ギャラリー”ミノーレ”で9月12日、梨の食べくらべができる「JAマルシェ」が開かれた。栃木県・茨城県・千葉県の梨がならび、試食をした客らから「甘い」と感動の声があがった。

どの梨を買うか迷う3品種の梨が並ぶマルシェ

 マルシェでは、茨城と栃木、千葉産の「豊水」や千葉産の「あきづき」「かおり」が並んだ。バラ売りと「梨3品種食べ比べセット」が発売された。食べ比べセットは、「豊水」「あきづき」「かおり」が入って1000円。
 渋谷区から来た人は「梨が好きなんです。『かおり』という品種は初めてで驚いた。(購入に)迷いました」とし、「スーパーとは違った新しい青果物がみれるので楽しい」と話した。
 ミノーレ担当者は、これまで豊水など品種ごとのマルシェは開いていたとするが、「今回のように食べ比べをコンセプトにした取り組みは初めて」だという。来客は250人を見込んでいる。食べ比べについて「セットは少し手が伸びにくい値段かと想定していたが、買っていくお客様が多い」と趣旨に賛同した客の多さに嬉しさが伺えた。
 9月に旬を向かえる梨は、90%が水分でできている。喉が潤い、残暑にピッタリ。
(写真)どの梨を買うか迷う、3品種の梨が並ぶマルシェ

(関連記事)
梨の食べ比べ 農業・農村ギャラリー"ミノーレ" (16.09.06)

最新の記事

コルテバアグリサイエンスSP

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る