Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

宮城県の被災地でグリーンツーリズム 地域活性化で農林中金2016年10月12日

一覧へ

 東日本大震災の被災地等、地域の活性化に取り組んでいる農林中金など4社は10月14~16日、宮城県の被災地でグリーンツーリズム・ブルーツーリズムを行い、その結果を12月に発表する。参加者は大学生10人で、優秀な作品は旅行サイト「じゃらんnet」のアクティビティ予約サービス「遊び・体験予約」でプランを販売する。

 農林中金(JAバンク)のほか、(株)ABC Cooking Studio、(株)リクルートライフスタイル、(株)農協観光が企画。この4社は、地域活性化と日本食の輸出拡大をめざし、今年2月に包括的パートナーシップ協定を締結し、国内外の旅行者に向けたグリーンツーリズムの開発に取り組んでいる。グリーンツーリズム先は宮城県の南三陸町、気仙沼市、登米市の3市町。
 JAの生産者との交流や野菜の収穫体験、魚の水揚げ見学などグリーン・ブルーツーリズムの体験、震災以降に設置された復興組合などを訪問し、農業における最新の取り組みなどを学ぶ。今後もインバウンド(外国人旅行者)・国内からもさまざまな対象で参加者を募り、来年度にかけて10回ほどのモニターツアーや大学生対象のフィールドワークを計画している。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る