Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

青森フェア 銀座三越 青天の霹靂・リンゴも2016年10月13日

一覧へ

 JA全農は10月12日、東京の銀座三越9Fで「みのりみのるマルシェ『青森の実り』」を開いた。地下の生鮮・惣菜売り場の青森フェアと同時開催。

銀座のSONYビルにも新米の広告が大きく出ている 銀座三越の地下2階と3階で、同日から18日までの間、青森県が主催で「青森フェア」を開催。プレミアのついたリンゴなどの生鮮食品や、新米「青天の霹靂」を使った弁当などの販売が行われている。初日は青森県の三村申吾県知事やJA全農あおもりの太田修県本部長、黒澤英樹米穀部長などがPRに訪れた。
 9Fでは青天の霹靂やリンゴ、黒ニンニク"愛ちゃん"や加工品を販売。ミスクリーンライスあおもりの秋山彩華さんも応援にかけつけ、青天の霹靂の試食などを振るまった。
 マルシェは50~60代、子供連れの母親などで賑わった。
 JA全農あおもりの担当者は、「地下のフェアとの同時開催。青天の霹靂の新米のPRと、『青森フェア』ということでリンゴなどを販売している」と経緯を語る。
 みのりみのるマルシェでは地元JAの職員が特産品の美味しい食べ方を教えてくれることが特徴。同氏はリンゴの美味しい食べ方について「野菜室などで冷やしてたべると甘みが増すためおいしくなる」と教えてくれた。
 ミスクリーンライスあおもりの秋山さんは「青天の霹靂は粘りとキレのバランスがよく、冷えても美味しい」と語る。特に子供連れの母親が多く、「国産のものに関心が高く、安心・安全に気をかけていることが伝わってきました」と話した。

リンゴの試食も人気、新米の青天の霹靂PRリンゴの試食も人気、新米の青天の霹靂PR
(写真)銀座のSONYビルにも新米の広告が大きく出ている。リンゴの試食も人気、新米の青天の霹靂PR

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る