JAの活動 ニュース詳細

2016.10.26 
地域貢献の方策探る JC総研協同組合職員交流セミナー一覧へ

 JC総研は10月18、19日、千葉市のJA共済幕張研修センターで協同組合・協同会社職員交流セミナーを開いた。中堅職員を対象に協同組合間として意識の共有を目的とするもので、今年度のテーマは「協同組合は地域づくりに貢献できるのか」。講義と実践報告をもとにグループ協議した。

地域貢献の方策探る JC総研協同組合職員交流セミナー セミナーでは小山良太・福島大学教授が基調講演。福島県の協同組合組織は東日本大震災の後、チェルノブイリ視察、土壌スクリーニングなどの対策に、生協・JF(漁協)・森林組合の4組織それに福島大学が加わり、いち早く取り組んだ。この基礎になったのが、協同組合間協同「ふくしま地産地消ネットワーク」で、さまざまに連携した活動があった。
 小山教授は「4つの組織の現場は共通する。組合員も重なる。全国レベルではなく顔の見える関係の中での活動が重要だ」と指摘。併せてJA組織についても、基礎組織である集落組織を把握していないJAが36%(全中調査)もあることを挙げ、「組織と事業の適正規模は異なる」として、組織と事業のあり方について問題提起した。
 次いでJAおきなわの普天間朝重専務が、地域振興策の取り組みを報告した。特に離島では生産者の高齢化によってサトウキビ畑が荒廃していることから、JAが直営で栽培し、製糖工場と地域の雇用を維持している。
 こうした取り組みでJAの社会的評価が高まり、2015年の県内就職希望ランキングで、4年前の29位から、昨年は4位までアップした。同専務は、今のJAの置かれている課題として、農業・組織・経営の3つの危機克服を挙げ、これを乗り切るため、「すべてが人材育成に尽きる。今年度を教育元年と位置づけ、倍増の3000万円の予算を組んだ」という。
 またJFでは和歌山県の太地町漁協の貝良文参事が反捕鯨団体「シーシェパード」の妨害に悩まされながら、「鯨の海を基地とした活力ある自然とくらしのまちづくり」の構想を話した。さらに生協からは、生協コープしがの白石一夫専務が、「産直・地産地消を進め、食糧自給率の向上や環境保全・循環型農業を推進し、地域振興と社会貢献をめざす」活動について報告した。
 なお、2日目は3グループに分かれて、それぞれの仕事内容や、協同組合への思いを述べ、それをまとめて発表した。
(写真)意見交換する協同組合の職員

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ