Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

食べ比べて自分の好みの米を見つける JAまるしぇ2016年11月9日

一覧へ

 JA全中は、東京・大手町のJAビル4F農業・農村ギャラリー”ミノーレ”で新米の食べ比べイベントなどのJAまるしぇを開いた。

食べ比べて自分の好みの米を見つける JAまるしぇ食べ比べて自分の好みの米を見つける JAまるしぇ

 青森県産「青天の霹靂」、滋賀県産「みずかがみ」、熊本県産「三度のときめき」の食べ比べと販売を行った。青天の霹靂はマルシェ開始後45分で完売した。
 原宿・表参道で「小池精米店」を営む3代目小池理雄氏がお米マイスターとして登場。食べ比べは品種名を隠し、それぞれの米の特徴が書かれたパネルや同氏のヒントをもとにたクイズ形式で行われ、正解者にはミノーレで使えるクーポン券がプレゼントされた。
 来場者らはパネルをみつめ、「おいしい」「合ってるかな」と真剣に取り組んでいた。
 小池氏は「特に青天の霹靂は香りに特徴があるため、香りや見た目も味わってほしいと思い、来場者の方に声かけした。食べ比べをすると米の違いがよくわかり、食べた方の好みのお米もわかりやすいため次の購買につながると思う」と語った。
 食べ比べのための試食はそれぞれ100食ずつ準備された。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る