JAの活動 ニュース詳細

2016.12.02 
JA熊本女性メンバーへ義援金350万円 『家の光』記事活用で一覧へ

 JA全国女性組織協議会メンバーは、『家の光』8月号掲載の被災地支援のための手芸キット「ちぎり和紙のくまモンうちわ」に賛同し、大勢の仲間が義援金付きで購入した。集まった義援金は356万5900円で、12月7日に熊本市でJA熊本県女性組織協議会への贈呈式を行う予定。

「ちぎり和紙のくまモンうちわ」 『家の光』は8月号にJA女性組織の絆の力と仲間の輪を広げる記事活用企画「ちぎり和紙のくまモンうちわ」の記事を掲載。7月1日から10月末までの期間限定で、うちわのキット400円と熊本地震の義援金100円の計500円で販売した。
 JA女性組織メンバーは4月に起こった熊本地震を受け、「仲間のために何かをしたい」という賛同し、家の光手芸教室として331JAが取り組み、合計3万5659本の「くまモンうちわ」が作られた。
 12月7日に、集まった義援金356万5900円をJA熊本県女性組織協議会へ贈呈する予定となっている。
 東日本大震災の時にも、JA女性組織メンバーは『家の光』のミサンガを作る復興支援運動に取り組み、集まった義援金を岩手県・宮城県・福島県の女性組織協議会に贈った。
 なお義援金募集は終了するが、11月以降も義援金を差し引いた金額でうちわキットの販売は継続する。
(写真)「ちぎり和紙のくまモンうちわ」

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ