Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

JA熊本女性メンバーへ義援金350万円 『家の光』記事活用で2016年12月2日

一覧へ

 JA全国女性組織協議会メンバーは、『家の光』8月号掲載の被災地支援のための手芸キット「ちぎり和紙のくまモンうちわ」に賛同し、大勢の仲間が義援金付きで購入した。集まった義援金は356万5900円で、12月7日に熊本市でJA熊本県女性組織協議会への贈呈式を行う予定。

「ちぎり和紙のくまモンうちわ」 『家の光』は8月号にJA女性組織の絆の力と仲間の輪を広げる記事活用企画「ちぎり和紙のくまモンうちわ」の記事を掲載。7月1日から10月末までの期間限定で、うちわのキット400円と熊本地震の義援金100円の計500円で販売した。
 JA女性組織メンバーは4月に起こった熊本地震を受け、「仲間のために何かをしたい」という賛同し、家の光手芸教室として331JAが取り組み、合計3万5659本の「くまモンうちわ」が作られた。
 12月7日に、集まった義援金356万5900円をJA熊本県女性組織協議会へ贈呈する予定となっている。
 東日本大震災の時にも、JA女性組織メンバーは『家の光』のミサンガを作る復興支援運動に取り組み、集まった義援金を岩手県・宮城県・福島県の女性組織協議会に贈った。
 なお義援金募集は終了するが、11月以降も義援金を差し引いた金額でうちわキットの販売は継続する。
(写真)「ちぎり和紙のくまモンうちわ」

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る