JAの活動 ニュース詳細

2016.12.12 
3目標84JAが達成 役員構成要件見直しの影響も一覧へ

 JA全中は、全国のJAにおける女性参画の実態をまとめ、12月8日発表した。それによるとJA運営への女性参画で正組合員、総代、役員の3目標で、数値目標を達成しているJAは84JAで全体の15%となった。一方で、役員構成要件の見直しで、女性に限定した方針を見直す傾向も見られる。

 JA全中のめざす女性のJA運営参加目標は、正組合員の25%以上、総代10%以上、理事等2人以上となっており、毎回のJA全国大会で打ち出している。この方針に沿って、「女性のJA運営にかかる総合的な方針を策定しているJA」は66.9%で、前年に比べ4.4ポイント減少した。これは農協法改正で理事の構成要素が見直される中で、女性に限定した方針を見直すJAがあったためとみられる。
 この中で、具体的な数値目標を設定しているJAは総代で61.5%、理事・経営管理委員で88.2%だった。女性枠については、理事で70.6%だったが総代では30.3%にとどまっている。
 正組合員、総代、理事の3つの指標の実行状況は、正組合員443万7655人に対して、女性組合員は93万7465人で、全体の21.13%(前年に比べ0.27ポイント増)。総代は28万4058人に対し2万3946人で8.4%(同0.3ポイント増)。女性役員は1305人で、前年に比べ1人減ったが、全役員に占める比率は7.5%(同0.3ポイント増)となった。
 この結果、主要3目標を達成したJAは84JA(前年比5JA増)で、全体の15.3%となっった。このほかJAにおける女性管理職は2679人で8.3%を占め、前年度に比べ0.6ポイント増えた。JA全中は「女性活躍推進が社会的要請として求められる中、女性役員だけで無く、女性管理職の育成も計画的に進める必要がある」と指摘している。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ