Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

次期会長は県域推薦で 奥野会長は立候補せず JA全中2017年4月7日

一覧へ

 今年7月で任期となるJA全中会長の選挙は、候補者をブロックで推薦する従来の方式を変え、県域による推薦に切り替える。4月6日の全中理事会で決めた。同日の会長記者会見で明らかにした。また奥野長衛会長は次期会長選に立候補しない考えを示した。

 JA全農は総代会で改革プログラムを決め、5、6月は全国のJAの総会(総代会)が始まる。JA改革の取り組みについて、奥野会長は「改革には農家組合員の理解がないとできない。現場の農家になかなか改革が浸透していない。改めて協同組合の事業とはなにかを問い、数字や文書ではなく、それぞれの地域にあったやり方で実践していくことが大事だ」と、現場でのJAの奮起を促した。
 併せて、次期会長選には立候補しない考えを示し、「残り4か月の任期中、全力投球する」と述べた。なお会長選は、6月22日会長候補者の所信説明会、JA組合長ら代議員(251人)による投票を経て、8月10日の臨時総会で選任となる。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る