Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「お米ダンスコンテスト」入賞作品を発表 JA全農2017年7月19日

一覧へ

 JA全農は7月14日、「お米ダンスコンテスト」の入賞作品を発表し入選作品をWEBサイトで公開した。

 国産米の魅力を発信し消費拡大を図ることを目的としてJA全農は3月に米をモチーフにした歌とダンス「お米ダンス~NO RICE NO LIFE~」発表し、4月から6月にかけてダンスコンテストを募集していた。
 期間中は専用WEBサイトをはじめ、ツィッターやインスタグラムから100件以上の力作動画が寄せられたという。7月3日に審査を実施し、チャレンジ部門(お米ダンスの完成度の高さを競う部門)とエンジョイ部門(笑顔が生まれる自由な表現を競う部門)で計10作品の入選作を決定した。  入選作品は公式サイトhttp://noricenolife.jp/で公開している。
 入選者には各賞に「1人1年分の消費量(60kg想定)相当のおこめギフト券」が計10名分贈られる。
 審査員の1人で「お米ダンス」の振り付けを担当したダンサー・振付師のPSYCHEさんは「作り手側の純粋なエネルギーが伝わってきた。演出やエンターテイメント性も工夫が凝らされ日本にはすごい才能が埋もれていると感じた」と評価していた。JA全農は今後も公式WEBサイトなどを通じて国産米の魅力を発信し「お米ファン」を増やしていくとしている。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る