Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:ゴーゴーサン
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

JA長野県グループが東京で商談会 47団体・会社が出品2017年10月4日

一覧へ

 JA長野県信連(長野県JAバンク)は10月3日、東京・有楽町駅前の東京交通会館で、JA長野県グループの「いきいき信州!農産加工品展示即売会」を開いた。今年で3回目となり、47の県内JAやJA関連会社、農産物加工会社など47の団体・企業が出品。300以上の流通・小売業者などが訪れた。

500人近い来場者で終日賑わった商談会―JA長野県グループが東京で商談会 長野県信連農業部の桑原稔部長は、「JAバンクは、資金面で組合員の営農や加工を支援している。生産だけでなく販売も支援し、生産者所得向上につなげたい」と、JAバンクが商談会を開く意義を強調する。
 会場の各団体、企業のブースには、それぞれ売り物の商品を並べ、訪れた食品小売り、卸、商社、外食・中食、ホテルなどの業者に説明していた。昨年は商談会開催2か月後の集計で約40件の商談がまとまっており、今年は相対による事前の商談も設定したことから、「昨年以上の商談成立が見込める」と、同部長は期待する。

(写真)500人近い来場者で終日賑わった商談会

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る