Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「どれが美味しいかな?」注目の米3品種を食べくらべ JA全中2017年10月24日

一覧へ

 JA全中は、10月24日、東京・大手町のJAビルの農業・農村ギャラリー〝ミノーレで、ことし登場した注目の米3品種の食べくらべのイベントを行なった。対象になったのは岩手県の「金色(こんじき)の風」と新潟県の「新之助」、それに福井県の「いちほまれ」で、JAの職員らが試食しながら、品種あてに挑戦した。

 味くらべした3品種は、東京・原宿で精米店を営む五ツ星お米マイスターの小池理雄さん推薦のお米。小池さんによると、「金色の風は粒がしっかりしていて、噛むとじわっと甘みがしみ出る。新之助は粒が大きく、しっとりした味があり、コシヒカリとの違いを感じる。いちほまれは福井県がポストコシヒカリとして投入した品種で、舌の上で転がすような感覚がある」と、それぞれの特徴を評価する。

ブランド名当てに挑戦する職員ら

 JAビルに勤める連合会の職員や、ミノーレなじみのお客さんらが、それぞれのお米の特徴を説明したパネルをみながら試食してブランド名を記入。正解者にはこの日陳列した3品種の米などが買えるクーポンをプレゼントした。

(写真)ブランド名当てに挑戦するJA職員ら

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る